top of page

しばし 視点の転換


また熱を出しました。



私はよく発熱します。



職場の規定に則って検査をし



ただの風邪との報告をしました。



病院に行くと



沢山の方が来院されていて



馴染みの看護師さん達は



運動会の様に走り回りつつも



態度も声も荒げることなく



笑顔で明るく親切に


 

温かく対応しておられます



病院内は



手作り感満載の



プチプチシートで区切り



発熱外来と普通外来とに



隔てています。



この先も流行り病は続くでしょうし



色々あるとは思いますが



ネットやニュースでの議論も



必要なことだけれど



現場で直に対処しておられる



医療🩺従事者や



あらゆる方面を鑑みて



一定のガイドラインや



道筋を決めておられる方々に



心から感謝でいっぱいになりました。



確かにもっと良い方法は



あるのでしょう。



でも、わたしにはできない事を



してくれている方々がいる。



一定の道筋をつけてくださっている。



何より現場で



走り回って一人一人に



対応してくださるプロがいる



すごい事です。



やっぱりわたしは



この国が大好きだーー!



そう思わせて頂いた



気づきの日々です。



ありがたい ありがたい🙏



先日、由美ちゃんの部屋zoomシェア会で引いてもらった、カードです。


必然。由美ちゃん、ありがとうです❣️


閲覧数:23回0件のコメント

最新記事

すべて表示

セルフアウェイクはセルフラブ

わたし を、どこまでも視るセルフアウェイク 究極のセルフラブだと思います ただ、外側を満たすものでもなく 内側を行動で満たすだけでもなく 己で己の根源を識り そこの気づきを得て 更にその先へと向かう 足元をしっかりみた上で わたしの望むその先へ ブレようがないし ブレたらすぐ自覚出来る そこでまた、気づける よいことづくしです。 こんなに心が平和に 生きた時間は初めてです。 機械に対してはビクつい

共に【居る】という事

今から20年以上前 主人が40度の熱が数日下がらない事がありました。 ちょうど今頃 夏の終わりです。 病院に連れて行くと EVウィルス肝炎の診断 すぐに大きい病院で 精密検査となりました。 手を握ると時々激しく痙攣を起こして 命の警告を感じました。 大きい病院では先生に 無菌室に入る事 髄膜炎で、今後は歩けないか もうダメかもしれない覚悟をしておく事 を、伝えられました。 また母子家庭か と、思い

bottom of page