top of page

わたしの表現



先日、所用を済ませた後

ひと息つきにパーラーに寄りました。


テーブルに着くと

空いていたすぐ隣の席に

後続のお客さんが座り

足を組みました。


店内は狭くて

テーブル間の距離は40センチほど

テーブルも、約40センチの正方形

その距離で組んだ足がわたしの方向を向いているのが

蹴られてないのに

蹴られているかの様で

居心地が悪くなりました。


わたし、どうしたい?

どうしたら自分らしくスッキリいられる?


わたしは、可動式のテーブルをギリギリまで自分に引き寄せて

椅子にピッタリ背をつけました。

お隣の方の足の軌道から外れると

息が出来ました。


この方が足を組む自由は

守りたい

でも、わたしは居心地良くいたい。


を、クリアできて

とてもスッキリしました。


毎日、そこかしこに

鍛錬の場がありますね。


その方にも

その場所にも

感謝の光を送りたいと思います。


閲覧数:35回0件のコメント

最新記事

すべて表示

セルフアウェイクはセルフラブ

わたし を、どこまでも視るセルフアウェイク 究極のセルフラブだと思います ただ、外側を満たすものでもなく 内側を行動で満たすだけでもなく 己で己の根源を識り そこの気づきを得て 更にその先へと向かう 足元をしっかりみた上で わたしの望むその先へ ブレようがないし ブレたらすぐ自覚出来る そこでまた、気づける よいことづくしです。 こんなに心が平和に 生きた時間は初めてです。 機械に対してはビクつい

共に【居る】という事

今から20年以上前 主人が40度の熱が数日下がらない事がありました。 ちょうど今頃 夏の終わりです。 病院に連れて行くと EVウィルス肝炎の診断 すぐに大きい病院で 精密検査となりました。 手を握ると時々激しく痙攣を起こして 命の警告を感じました。 大きい病院では先生に 無菌室に入る事 髄膜炎で、今後は歩けないか もうダメかもしれない覚悟をしておく事 を、伝えられました。 また母子家庭か と、思い

댓글


bottom of page