top of page

感情にまみれまみれてしまった時

生きていると何度か?何度も?めっちゃたくさん?

感情にまみれてしまった事って誰でもあると思います。


統合・セルフアウェイクを学びだすと感情は取外しが出来るのだと衝撃的な気づきがやってきますよね。


そして、だんだんと感情の取り扱い方がわかってきて軽くなってくる。だけど、感情は無くなる訳ではないのでたまにはドカっと出てくることもある。


その時にやってしまいがちなのが、『この感情手放そう!』手放そう!手放そう!手放そう!って思いっきり、ぎゅーーーーーと握ってしまうこと。もう、感情にまみれているので握りしめた手に気が付くことも出来ないくらいに握りつぶしていく。


その中で違う感情も育ってくる。『手放せない!なんで手放せない?手放せない!手放せない!わたし・・・まだまだだな、涙』


もう、書いているだけで固く凝っていきそうなくらい苦しいですよね。

わたしも昔、そんな時がありました。そして、実践したのは

あり地獄にはまったら、もう足掻かないこと。


そんな時は必ず体に力が入っているので意識を『手放せない』ではなく、体に向けていく。スキャンするように体を視ると固まった場所があるはず。そこに深呼吸を送り、溶けていくようなイメージをしていくとホッとして意識が自分に戻ってくる。


大丈夫!まだまだ道の途中。

リラックスして深呼吸しよう♡






閲覧数:30回0件のコメント

最新記事

すべて表示

セルフアウェイクはセルフラブ

わたし を、どこまでも視るセルフアウェイク 究極のセルフラブだと思います ただ、外側を満たすものでもなく 内側を行動で満たすだけでもなく 己で己の根源を識り そこの気づきを得て 更にその先へと向かう 足元をしっかりみた上で わたしの望むその先へ ブレようがないし ブレたらすぐ自覚出来る そこでまた、気づける よいことづくしです。 こんなに心が平和に 生きた時間は初めてです。 機械に対してはビクつい

共に【居る】という事

今から20年以上前 主人が40度の熱が数日下がらない事がありました。 ちょうど今頃 夏の終わりです。 病院に連れて行くと EVウィルス肝炎の診断 すぐに大きい病院で 精密検査となりました。 手を握ると時々激しく痙攣を起こして 命の警告を感じました。 大きい病院では先生に 無菌室に入る事 髄膜炎で、今後は歩けないか もうダメかもしれない覚悟をしておく事 を、伝えられました。 また母子家庭か と、思い

Kommentare


bottom of page