top of page
  • 執筆者の写真yumiko

懐かしいもの

今日 仕事部屋を整理していたら 懐かしいものが出てきました。


以前、引き寄せについてなどの発信をされている方にお会いした時にいただいたサイン、、というかイラストです。


5年以上前ですが 彼女にどうしても会いたくて 敬遠していたFacebookに登録し、

オンラインサロンに入会し、抽選で参加権を獲得してランチ会に参加したことがあります。

最後に皆と集合写真を撮り、サインをいただいたのですが、

私は自分のスマホケースに 彼女の描く動物のキャラクターを描いてもらい、 大喜びで そのあとも大事に使っていました。


皆がお名前のサインを書いてもらっている中、 私だけ 失礼かなあ、と思いつつ

やはりどうしてもあの可愛いキャラクターの直筆イラストが欲しかったので  仕方ない、ごめんなさい。ありがとうございます❤️ と いう気持ちでした。


初めはスピリチュアル・引き寄せから  統合・セルフアウェイクを知り、もうすぐ4年になります。


スマホを買い替えた後、ケースだけ箱に取っておいたら ちょっとカビてしまったスマホケース。 どうしようかなあ、と思いましたが

感謝を込めてさようならすることにしました。


セルフアウェイクはずっと続く学びの道。

懐かしさを感じる ということは 

少しずつでも確かに 前に進んでいる ということですね。


おかげさまで むぎは本当に元気になってきました。

一旦 治ったかと思いきや、 食欲がなく、体重激減でどうしたものか、と思っていましたが

今はそういう時期なのだから 見守ろう と腹を括ったところでした。


昨日から久しぶりにカリカリご飯 復活です😊


閲覧数:29回0件のコメント

最新記事

すべて表示

セルフアウェイクはセルフラブ

わたし を、どこまでも視るセルフアウェイク 究極のセルフラブだと思います ただ、外側を満たすものでもなく 内側を行動で満たすだけでもなく 己で己の根源を識り そこの気づきを得て 更にその先へと向かう 足元をしっかりみた上で わたしの望むその先へ ブレようがないし ブレたらすぐ自覚出来る そこでまた、気づける よいことづくしです。 こんなに心が平和に 生きた時間は初めてです。 機械に対してはビクつい

共に【居る】という事

今から20年以上前 主人が40度の熱が数日下がらない事がありました。 ちょうど今頃 夏の終わりです。 病院に連れて行くと EVウィルス肝炎の診断 すぐに大きい病院で 精密検査となりました。 手を握ると時々激しく痙攣を起こして 命の警告を感じました。 大きい病院では先生に 無菌室に入る事 髄膜炎で、今後は歩けないか もうダメかもしれない覚悟をしておく事 を、伝えられました。 また母子家庭か と、思い

Comments


bottom of page