top of page
  • 執筆者の写真yumiko

自分へのご褒美

春ですね。

春眠暁を覚えず、、は

猫には通用しないようです。むぎは早朝から元気いっぱいです。 少し前までのことが嘘のように ご飯もモリモリ食べています😊

私は最近睡眠のリズムが崩れていたので、また毎日のお散歩を復活しました。

運動しなくちゃーと言いながら何もできていませんが、せめてお散歩くらいは、、 毎日の生活でメリハリをつけること。 この時間がやはり大切だと実感しています。

家から買い物や郵便局へ行く時(ついでに海岸までも足を伸ばしたりします)の ルートの途中に河津桜の並木道があります。 この並木道を中心に先月から桜まつりが開催されていて、観光客がたくさん訪れていました。 実は人混みを見るとお腹いっぱいになってしまって、お散歩もちょっと敬遠していましたが、こんな時こそセルフアウェイクなんだよなあと 自分にはっぱをかけて出かけます。 「なぜ人混みが嫌なのか、、昔から生理的にダメなんだけど、、 でもそれで私の行動を制限されるのも勿体無い」とかなんとか あれこれ思いながら、、

また思考を放置し過ぎてしまった 笑 ゼロになります。


私は最近 自分の中のある大きな履き違えに気づきました。 我慢と辛抱の履き違えとでも言いましょうか 気づいていたけど、どうにもできなかったのがやっと解放されて腹落ちした 

という方があっているかもしれません。


嬉しくて久しぶりに自分へのご褒美を贈りました。 綺麗なオレンジの薔薇の花を一輪 さんぽ先生のサインと並べました。 むぎもクンクン匂いを嗅いでいました。


むぎは今、ハーネスの練習中です。 お外に出たい!というので じゃあハーネスつけてお散歩行こう♪と誘っています。

ハーネスをつけると途端に嫌がってニュルニュルしてしまいますが、、

毎日一回つけては外し、、コツコツと続けています😊







閲覧数:27回0件のコメント

最新記事

すべて表示

セルフアウェイクはセルフラブ

わたし を、どこまでも視るセルフアウェイク 究極のセルフラブだと思います ただ、外側を満たすものでもなく 内側を行動で満たすだけでもなく 己で己の根源を識り そこの気づきを得て 更にその先へと向かう 足元をしっかりみた上で わたしの望むその先へ ブレようがないし ブレたらすぐ自覚出来る そこでまた、気づける よいことづくしです。 こんなに心が平和に 生きた時間は初めてです。 機械に対してはビクつい

共に【居る】という事

今から20年以上前 主人が40度の熱が数日下がらない事がありました。 ちょうど今頃 夏の終わりです。 病院に連れて行くと EVウィルス肝炎の診断 すぐに大きい病院で 精密検査となりました。 手を握ると時々激しく痙攣を起こして 命の警告を感じました。 大きい病院では先生に 無菌室に入る事 髄膜炎で、今後は歩けないか もうダメかもしれない覚悟をしておく事 を、伝えられました。 また母子家庭か と、思い

Comentarios


bottom of page