top of page
  • 執筆者の写真yumiko

花の想い出


風薫る5月ですね。

街のあちらこちらで沢山の花が咲いていて、お散歩するのがとても楽しみです。


私の住むマンションの一角にはカラーがひっそりと咲いています。 このカラーを見ると毎回思い浮かべるのは ある友人のことです。


彼女は入学式後、クラスの自己紹介で「自分から話しかけるのが苦手、、」と言った私の言葉を覚えていてくれて よろしくね❤️と真っ先に声をかけてくれました。 彼女は往復4時間近くかけて学校まで通っていました。私の倍くらいの通学時間です。 それでも毎日のように放課後の部活動をして、毎日を丁寧に一生懸命生きている姿が 私の目にはとても眩しく映りました。 ある時その友人から  「家にカラーが沢山咲いているの。うーちゃん(当時の私の呼び名)いる?」と聞かれ、 喜んでお願いしたら お花屋さんでよく見かける小ぶりなものとは違い、 随分と大きく立派なカラーをいただいて、とても驚きました。 遠くからこれを持ってきてくれたのだ、と思うと ありがたさと申し訳なさでいっぱいになったことを思い出します。


カラーの花言葉は 「華麗なる美」「乙女のしとやかさ」「清純」 まさにその友人にぴったりな言葉です😊


卒業した時から倍以上の年月は経ちますが、カラーをみる度にあの頃を思い出します。

毎日を丁寧に生きること は私の理想です。

今年に入り、どんなふうに生きたいか、どう在りたいかということを改めて感じています。

むぎも元気に 毎日 寝て 起きて ご飯を食べて 遊んで 寝ています😊


























カラーの花言葉は

乙女のしとやかさ、素晴らしい美


あの頃の私たちにぴったりだったような 笑 

駐車場と道路の境には小さな柵が作ってあり、今年の水仙の花が咲いて春が待ち遠しいと思ったものでした。




閲覧数:26回0件のコメント

最新記事

すべて表示

セルフアウェイクはセルフラブ

わたし を、どこまでも視るセルフアウェイク 究極のセルフラブだと思います ただ、外側を満たすものでもなく 内側を行動で満たすだけでもなく 己で己の根源を識り そこの気づきを得て 更にその先へと向かう 足元をしっかりみた上で わたしの望むその先へ ブレようがないし ブレたらすぐ自覚出来る そこでまた、気づける よいことづくしです。 こんなに心が平和に 生きた時間は初めてです。 機械に対してはビクつい

共に【居る】という事

今から20年以上前 主人が40度の熱が数日下がらない事がありました。 ちょうど今頃 夏の終わりです。 病院に連れて行くと EVウィルス肝炎の診断 すぐに大きい病院で 精密検査となりました。 手を握ると時々激しく痙攣を起こして 命の警告を感じました。 大きい病院では先生に 無菌室に入る事 髄膜炎で、今後は歩けないか もうダメかもしれない覚悟をしておく事 を、伝えられました。 また母子家庭か と、思い

Comments


bottom of page