top of page

逆転の発想

更新日:2023年1月26日


感謝の反対は

当たり前


先日テレビで

長友選手が言っていた言葉です


確かにそうだと思います


ある状況に自分がいて

感謝から見るか

当たり前から見るかで

ココロの状態は

随分違うなと


じぶんの思いにばかり

気を取られ

そこに沿っていかない

現実に

不足を使い

今そうである事を

当たり前から視ると


なんで味気ないんだろう、と


辛い


と言う思いに囚われ

モノクロームな世界に

見えてしまう



でも



辛いって

もう少しで幸せ

って

事なのだ😊



って、わかっていて

感謝から視ると

ありがたさ

そうある事の恩恵

周囲への慈しみ

くっきりとした

彩り鮮やかな世界の奇跡に

平らかに、ありがとう

と、思えるし

それをカタチにせずには

いられなくなる



この世に魔法は無いけれど

セルフアウェイクは

自分を知り、自分に気づき

そこから

能動的に生きる事なので

あり得なかった奇跡が

沢山起きていく


と、実感している



逆転の発想で

自分の人生を

変え続けていきたい。


青写真は

青写真でしかないのだから。 




閲覧数:19回0件のコメント

最新記事

すべて表示

セルフアウェイクはセルフラブ

わたし を、どこまでも視るセルフアウェイク 究極のセルフラブだと思います ただ、外側を満たすものでもなく 内側を行動で満たすだけでもなく 己で己の根源を識り そこの気づきを得て 更にその先へと向かう 足元をしっかりみた上で わたしの望むその先へ ブレようがないし ブレたらすぐ自覚出来る そこでまた、気づける よいことづくしです。 こんなに心が平和に 生きた時間は初めてです。 機械に対してはビクつい

共に【居る】という事

今から20年以上前 主人が40度の熱が数日下がらない事がありました。 ちょうど今頃 夏の終わりです。 病院に連れて行くと EVウィルス肝炎の診断 すぐに大きい病院で 精密検査となりました。 手を握ると時々激しく痙攣を起こして 命の警告を感じました。 大きい病院では先生に 無菌室に入る事 髄膜炎で、今後は歩けないか もうダメかもしれない覚悟をしておく事 を、伝えられました。 また母子家庭か と、思い

Comments


bottom of page