top of page

結構さん



昔、こんなお話を聞いたことがあります



京都に『結構さん』と呼ばれている


おとこがありました。


そのおとこは


何があっても


何を聞いても


『結構やなぁ』


としか言わず


周りからは 馬鹿にされて


結構さんと呼ばれておりました。


しかしその男は


本当に困っている人達を助けて


人々が放っておかなくなりました。



✨✨✨✨✨✨



昨日、命の寿って何だろうと


考える機会を矢野ちんに頂きました



【しげぽんのワン♡ハート】



その中での矢野ちんの意識から発する


言霊は


それはそれは美しいミタマそのもので


まさに有明海の真珠のネックレスでした。


数珠繋ぎの言霊の美しさよ✨✨✨



寿ぎ 寿げ 生命の旅路



と、そう聞こえた様な気がしました。



エナさんが


全て完璧


と、仰っているのが


グッと深いところに入りました。




結構だと受け取って


全てを寿いでゆく


しゅんかんを


大切に


いそいそと


なにやら楽しげに過ごす



やっぱり


凸凹が完璧で


だから繋がれるし


違いが美しいのだなと


思いました







閲覧数:24回0件のコメント

最新記事

すべて表示

セルフアウェイクはセルフラブ

わたし を、どこまでも視るセルフアウェイク 究極のセルフラブだと思います ただ、外側を満たすものでもなく 内側を行動で満たすだけでもなく 己で己の根源を識り そこの気づきを得て 更にその先へと向かう 足元をしっかりみた上で わたしの望むその先へ ブレようがないし ブレたらすぐ自覚出来る そこでまた、気づける よいことづくしです。 こんなに心が平和に 生きた時間は初めてです。 機械に対してはビクつい

共に【居る】という事

今から20年以上前 主人が40度の熱が数日下がらない事がありました。 ちょうど今頃 夏の終わりです。 病院に連れて行くと EVウィルス肝炎の診断 すぐに大きい病院で 精密検査となりました。 手を握ると時々激しく痙攣を起こして 命の警告を感じました。 大きい病院では先生に 無菌室に入る事 髄膜炎で、今後は歩けないか もうダメかもしれない覚悟をしておく事 を、伝えられました。 また母子家庭か と、思い

Comments


bottom of page