冷凍支店

二十四節季のメッセージ

私たちの住む日本では春夏秋冬、四季折々の自然を感じることができます。四季の他に十二暦、更には二十四の節季へと先人の皆様は季節を美しい言葉に表し感じて来ました。内山エナさんのワークショップの卒業生である

桜庭美穂さんが美しい書と共に二十四節季それぞれのメッセージを毎月お届けいたします。

S__6561800_edited.jpg

​十二月 二十二日
「冬至」の紡ぐ言葉

冬至

 

今。この瞬間。目覚めを歩むすべての方へ

紡ぐ言葉。

 

ここから、陽の気が高まり

新たなエネルギーが加わる。

 

四季は廻りバランスをとり

人も廻る。

 

自分を受け入れ他をも認める。

そして、他はわたし。

 

変わっていないように見える世界も

角度によって変わり

ひとつの世界をどこから見るのか

見る者が決めていく。

 

どこに光を当てていこうか。

この世界を楽しもう。

S__6561802.jpg
15135940115131.jpg

​十二月七日
「大」の紡ぐ言葉

大雪

 

今、この瞬間。目醒めを歩むすべての方へ。

紡ぐ言葉。

 

冷たい風が吹くとき

太陽の暖かさを知るように

人は変化変容の時

たくさんの気づきをえる。

 

空気が澄み渡り

遠くの山が近くに見えた時

いつも、そばにあったことを知るように

 

人も自分がクリアになった時

もともと、いつもそばにある

この世界の美しさを知る。

 

ここから、また。

あなたを表現しよう。

変化の流れに身を任せ

いま、動き出そう。

15135940126347.jpg

​十一月二十四日
小雪」の紡ぐ言葉

FB4A0D0B-8CB8-4C0E-ADD2-D9C58831B018_edi

小雪。今、この時。目醒めを歩む皆さまへ

最善最高のメッセージ。

 

木が葉を落とし

幹や枝を現すように

あなたの奥底に

眠っていた思いを

呼び覚まそう。

 

すべての飾りをとり

ありのままの自分へ。

 

お腹の奥深くに秘めた思い。

 

それは情熱に光を射したような

強いエネルギーかもしれません。

 

それは夕日のように暖かく

滞りを溶かしていく

解放のエネルギーかもしれません。

 

小さき頃、何かに夢中になったような

純粋で集中したエネルギーを思い出し

 

本来の自分へと光を当てた時

新しい自分が始まる。

 

さあ。過去を迎えに行き

未来と手を繋ぎ

今を生きよう。

07BBCD6E-9971-404F-9033-21F999D9E24F_edi
3FD1F348-15F5-4944-88E9-E306DCB3D067_edi

今、この瞬間。目醒めを歩むすべての方へ。

紡ぐ言葉。
 
今。深く深く呼吸し
ハートで暖かく広がる感覚に意識を向けよう。
それは無条件の愛。
大いなる宇宙の愛。
日々の生活で起こる全ての出来事は
この愛をもとに出来ている。
強い風に揺さぶられた時は
深呼吸し思い出そう。
この感覚に意識を戻し感じよう。
何一つ。例外なく。愛のもとに。
そしてあなたは成長していく。
大きく大きく羽を広げ変化していく。

​十一月七日
立冬」の紡ぐ言葉

0D49560F-97C3-4EBF-8F0A-ECA1584DFA7D.jpeg

​桜庭 美穂

シンクロニシティカードティーチャー

北海道の田舎育ち。

小さなころからキラキラした物や美容や宇宙が大好きで、屋根の上にお布団を運び、そこでずっと星を見ているような子供でした。

化粧品販売を10年以上続け、美容だけではなく体も大切だと気付きヨガインストラクターになりました。

そして美と体だけではなく心・魂も大切な事と気が付き統合に出会いました。

小さなころから疑問だった、宇宙の外には何があるの?と言う質問に初めて答えてくれたのがエナさんでした。

セルフアウェイクを受けて忘れていた子供の頃に大好きだった「書」を思い出し書き始めました。メッセージをおろして言葉にし、書におとす事は私にとって、とても神聖な作業です。

メッセージを見た方にとって、ひとつの気づきになるよう祈りつつ、音楽や景色のような波動書を目指しています。

https://profu.link/u/miho4444