top of page
  • 執筆者の写真yumiko

丁寧に生きる

更新日:2022年10月17日

今日は半年に1回の消防設備点検の日です。 作業員の方が来て点検をしてくださいます。


むぎは玄関チャイムが鳴ると一目散に逃げ出します。 そして毎回、なぜかお客様が来る玄関の方向へ走り出します。

必死というのがピッタリの真剣な表情です。 別部屋に入り込んだのでその部屋のドアを閉め、点検の方を迎え入れました。


今回の担当者はとても丁寧に点検をし、私に避難梯子の使い方や注意点も詳しく説明してくださいました。


さらに 今まで一度もご指摘がなかった細かな部分も、 問題はないけれど、ここは通常とは違うので確認しておきますね、とチェックされていました。

形式だけの点検ではなく、住人の安全のために時間をかけてくださる姿勢に、感謝の気持ちでいっぱいでした。


一つ一つ丁寧に。私が在りたい姿を見せていただきました。


さて、知らない人の訪問でちょっと怖い思いをしてしまったむぎですが、 その後 いつもは声だけの鳥さんの姿を見ることができましたよ😊





閲覧数:27回0件のコメント

最新記事

すべて表示

セルフアウェイクはセルフラブ

わたし を、どこまでも視るセルフアウェイク 究極のセルフラブだと思います ただ、外側を満たすものでもなく 内側を行動で満たすだけでもなく 己で己の根源を識り そこの気づきを得て 更にその先へと向かう 足元をしっかりみた上で わたしの望むその先へ ブレようがないし ブレたらすぐ自覚出来る そこでまた、気づける よいことづくしです。 こんなに心が平和に 生きた時間は初めてです。 機械に対してはビクつい

共に【居る】という事

今から20年以上前 主人が40度の熱が数日下がらない事がありました。 ちょうど今頃 夏の終わりです。 病院に連れて行くと EVウィルス肝炎の診断 すぐに大きい病院で 精密検査となりました。 手を握ると時々激しく痙攣を起こして 命の警告を感じました。 大きい病院では先生に 無菌室に入る事 髄膜炎で、今後は歩けないか もうダメかもしれない覚悟をしておく事 を、伝えられました。 また母子家庭か と、思い

bottom of page