top of page
  • 執筆者の写真yumiko

大地からの贈り物

更新日:2022年12月22日

私の今住んでいるところは 近くに海と沢山の畑があります。 引っ越してしばらくは夫と二人でさまざまな場所をお散歩してまわりました。

畑の作物がだんだんと育っていく様子を見るのは楽しいものです。

そしていつか畑仕事も経験してみたいと思っていたのですが

先日 念願叶ってセリの収穫作業のお手伝いをさせていただきました。


青空の下、畑に膝をついて黙々と収穫していきます。

ひたすらゼロの状態で目の前のことに集中です。

畑の土は想像していたよりも温かく ふかふかで、セリのいい香りがして 大地からたくさんエネルギーをいただきました。


帰宅すると、いつもと変わらず にゃーんとお出迎えしてしてくれたむぎ。

私が顔を近づけると珍しそうにクンクン匂いを嗅いでいました。 へえ、やっぱりいつもと違う匂いがするのだなあ  お外生活時代の懐かしい香りかなあと思ったのですが

後で鏡を見たら 私の顔中に細かな土がついていました😊


我が家に来て2年半、すっかり家猫になったむぎは 今日も夫の膝の上でテレビを見ています。




閲覧数:30回0件のコメント

最新記事

すべて表示

セルフアウェイクはセルフラブ

わたし を、どこまでも視るセルフアウェイク 究極のセルフラブだと思います ただ、外側を満たすものでもなく 内側を行動で満たすだけでもなく 己で己の根源を識り そこの気づきを得て 更にその先へと向かう 足元をしっかりみた上で わたしの望むその先へ ブレようがないし ブレたらすぐ自覚出来る そこでまた、気づける よいことづくしです。 こんなに心が平和に 生きた時間は初めてです。 機械に対してはビクつい

共に【居る】という事

今から20年以上前 主人が40度の熱が数日下がらない事がありました。 ちょうど今頃 夏の終わりです。 病院に連れて行くと EVウィルス肝炎の診断 すぐに大きい病院で 精密検査となりました。 手を握ると時々激しく痙攣を起こして 命の警告を感じました。 大きい病院では先生に 無菌室に入る事 髄膜炎で、今後は歩けないか もうダメかもしれない覚悟をしておく事 を、伝えられました。 また母子家庭か と、思い

Comments


bottom of page