top of page
  • 執筆者の写真yumiko

心まで忙しくならないで

更新日:2023年1月9日

クリスマスが過ぎ、スーパーの品揃えはすっかりお正月一色になりました。


今日、 欲張って色々なことを同時進行で進めていたら

油断して火にかけた鍋を焦げ付かせてしまいました。


いつもなら 同時進行の時はタイマーをかけたり、気をつけているのに

こういったちょっとした油断が命取りですね。


そういえば今朝は朝から あれやってこれをやって、、やることがいっぱいだわ、

ということに意識が向いてしまって

ちょっとゼロが甘かった、、


心まで忙しくなってしまっては 疲れちゃうよねえ と改めて感じました。



焦げ落としには 今度こそ しっかりタイマーを使って 

重曹とメラミンスポンジであっという間に復活しました。

お鍋もピカピカでスッキリです。



さてさて、どんな時もマイペースなむぎは 

クリスマスプレゼントの冬仕様ハウスにご満悦です。

(まあ、どちらかというと よりご満悦なのは ハウスに入ってくれたむぎを見て 

かわいいー💕と喜んでいる私と夫の方かもしれません)

ぬくぬくして、眩しくなくて お昼寝にはぴったり😊

これで いい新年を迎えられそうです





閲覧数:37回0件のコメント

最新記事

すべて表示

セルフアウェイクはセルフラブ

わたし を、どこまでも視るセルフアウェイク 究極のセルフラブだと思います ただ、外側を満たすものでもなく 内側を行動で満たすだけでもなく 己で己の根源を識り そこの気づきを得て 更にその先へと向かう 足元をしっかりみた上で わたしの望むその先へ ブレようがないし ブレたらすぐ自覚出来る そこでまた、気づける よいことづくしです。 こんなに心が平和に 生きた時間は初めてです。 機械に対してはビクつい

共に【居る】という事

今から20年以上前 主人が40度の熱が数日下がらない事がありました。 ちょうど今頃 夏の終わりです。 病院に連れて行くと EVウィルス肝炎の診断 すぐに大きい病院で 精密検査となりました。 手を握ると時々激しく痙攣を起こして 命の警告を感じました。 大きい病院では先生に 無菌室に入る事 髄膜炎で、今後は歩けないか もうダメかもしれない覚悟をしておく事 を、伝えられました。 また母子家庭か と、思い

Comentários


bottom of page