top of page

知らない事だらけ


先日テレビで

黒部ダムを12歳の少年が

紹介する番組がありました


黒部の太陽

という映画で

想像を絶する

筆舌に尽くしがたい

患難辛苦があった事は

うっすら覚えていましたが


ここまでのご苦労があり

沢山の尊い生命が失われた

その先に

今の豊かな生活があったのだと


改めて

手を合わせ

頭を下げました。


先の戦争も含め

先人の皆様が

生命をかけて培って下さった

この日常を


感謝をもって享受し

私心からでは無く

世のため人の為に

自分にできることを

目の前の事から

ひとつひとつ取り組むには


やっぱり一瞬一瞬

クリアになって

よりふかふかの、温みのある心で

全てを見て

その時その時の

自分のベストを尽くそうと

思いました。


心の底から取り組んでいく。


生半可じゃないけれど

肉体を持っているからこそ

出来ることを。



当たり前の豊かな生活の

なんと奥深い事だろう


まだまだ知らない事だらけ

自分の無知さに

恥ずかしくなりました。


もっとこの国を知りたい


初心に帰って

この国に生まれた事

この国を祖国と呼べる事に

感謝と誇りを持って


粋に成熟してみたい


セルフアウェイクし続けたい


そう思いました。



221002






閲覧数:19回0件のコメント

最新記事

すべて表示

セルフアウェイクはセルフラブ

わたし を、どこまでも視るセルフアウェイク 究極のセルフラブだと思います ただ、外側を満たすものでもなく 内側を行動で満たすだけでもなく 己で己の根源を識り そこの気づきを得て 更にその先へと向かう 足元をしっかりみた上で わたしの望むその先へ ブレようがないし ブレたらすぐ自覚出来る そこでまた、気づける よいことづくしです。 こんなに心が平和に 生きた時間は初めてです。 機械に対してはビクつい

共に【居る】という事

今から20年以上前 主人が40度の熱が数日下がらない事がありました。 ちょうど今頃 夏の終わりです。 病院に連れて行くと EVウィルス肝炎の診断 すぐに大きい病院で 精密検査となりました。 手を握ると時々激しく痙攣を起こして 命の警告を感じました。 大きい病院では先生に 無菌室に入る事 髄膜炎で、今後は歩けないか もうダメかもしれない覚悟をしておく事 を、伝えられました。 また母子家庭か と、思い

Comments


bottom of page